ムービーの冒頭と末尾に5秒の空白(黒画面)を作成する方法【AviUtl】

2019-08-12ムービー

花婿
花婿
式場から「ムービーの冒頭と末尾に数秒間の黒画面の挿入」を指定されたけど、その分スペースあけて作成すればいいのかな?

自作ムービーを持ち込む際に、式場から「ムービーの前後5秒間に空白を入れてください」とお願いされることがあります。

これは式場の段取り上 必要なもので、必ず指示に従うようにしてください。

式場
式場
DVDを入れてすぐ一時停止した状態で、再生のスタンバイをしてます。空白がないと思わぬ場面で再生されてしまいますので、お2人のためにも必ず入れてくださいね。

 

AviUtlに慣れてない方は基本的な使い方のページもどうぞ。

スポンサーリンク

AviUtlでの空白(黒画面)は時間制御を使おう!

AviUtlではオブジェクトを何も挿入してない状態が黒画面です。なのでまっさらな状態が指定秒数間あればOKです。

単純にタイムライン上で指定秒以降にオブジェクトを配置し、ムービーを開始しても構いませんが、あれこれ編集するうちにオブジェクトの位置がズレてしまうことがあるんです。

そんなオブジェクトのズレを防ぐために、AviUtlの機能の1つ・時間制御を使うのがおすすめ。

AviUtlの時間制御オブジェクトの使い方

AviUtl・時間制御の挿入

時間制御の使い方は、とっても簡単です。

タイムライン上で右クリックメディアオブジェクトの追加時間制御でオブジェクトを挿入します。

時間制御オブジェクトが挿入された状態

時間制御オブジェクトが挿入されますので、他のオブジェクト同様にドラッグして位置や長さを調整してください。

「5秒」というきっちりとした指定があるようなら、オブジェクトを右クリック長さの変更で時間指定するといいですね。

 

こうやってオブジェクトを配置することで、編集作業中の手元の誤作動を防ぐことができるんです。

一気にオブジェクトをずらして時間制御を挿入する方法

花嫁
花嫁
もう8割方完成してるんだけど…今から冒頭に時間制御オブジェクトの挿入って出来ないのかな?

完成目前に黒画面の挿入を忘れていた場合でも安心してください。簡単に入れることができます。

AviUtl・空フレームの挿入

タイムライン上で右クリック空フレームの挿入指定秒数を入力すると

空フレームの挿入の注意点・赤ラインの位置に挿入される

タイムライン上の赤い線以降にあるオブジェクトが全て後ろにズレます。

オブジェクトがズレたところで、タイムライン上で右クリックメディアオブジェクトの追加時間制御でオブジェクトを挿入すればOKです。

画像では分かりやすいように位置をずらして置いてます。冒頭に挿入したい場合はタイムラインの00:00:00.00の位置をクリック(ちょっと右になってしまった場合はドラッグ)すると赤ラインを左端に持っていくことが出来ます。

空フレームの挿入の以外にも、タイムライン上でCtrlキーを押しながら右クリックオブジェクトの選択でまとめてオブジェクトを選択してドラッグすることが可能です。覚えておいて損はないAviUtlのテクニックの1つです。

 

AviUtlの他の使い方については、まとめページをどうぞ。