【AviUtl】ムービーの最後の空白や中間の黒画面を削除する(詰める)方法

2020-10-04ムービー

花婿
花婿
ついにウェディングムービーを作り上げたよ! でもムービーが終わったのに延々と再生し続けている…何で?
花嫁
花嫁
ムービーの中間部分をカット編集したんだけど、その間の余白(黒画面)はどうやって詰めたらいいの?

AviUtlでムービーを作成するとムービーが終わっても延々と黒画面の再生が続いたり、編集がうまくいかず途中で黒画面が表示されてしまうことがあります。

黒画面は式場の指定時間だけあればいいので、それほど長い必要はありません。

 

このページでは、最後や途中の空白(黒画面)を削除する方法を解説しています。

 

基本的な使い方もあわせてどうぞ。

スポンサーリンク

AviUtlで最後の空白(黒画面)を削除する方法

自作ムービーで想定している終了時間と実際の終了時間

AviUtlはタイムラインの灰色の線がムービーの終わりです。最終フレームと言います。

オブジェクトの表示時間の調整や削除したり移動させたりすると、灰色の線が後ろにずれていきます。そして後ろにずれた原因のオブジェクトを取り除いたからといって、自動的に元に戻ってはくれません。

 

最終フレームの設定を行うと、終了時間が調整される

そんな場合は、タイムライン上で右クリックをし、範囲設定最後のオブジェクト位置を最終フレームを選択しましょう。

一番最後のオブジェクトの位置が自動的に最終フレームとなり、延々と黒画面が再生し続けることはなくなります。

 

AviUtlで中間の空白(黒画面)を削除する方法

続いては中間の余白(黒画面)を削除(詰める)方法です。

タイムラインの間の空白の例

オブジェクトが1つだけならドラッグ&ドロップで動かせばいいのですが、上の画像のようにオブジェクトがいくつも配置されてると、1つ1つ動かしてタイミングを調整して…なんて、やってられませんよね。

Ctrl押しながら右クリックをすると一度に複数オブジェクトの選択が可能

そんなときは

  1. 現在のフレーム位置を空白の前に置く
  2. タイムライン上でCtrlを押しながら右クリック
  3. オブジェクトの選択カーソル以降に開始するオブジェクトを選択
  4. Ctrlを押したままオブジェクトを移動する

という手順を行うことで、一気に中間の余白(黒画面)を詰めることができます。

  • Ctrlを押さずに右クリックしたら、オブジェクトの選択が選択できません!
  • オブジェクト選択後、Ctrlから指を離すと選択が解除されてしまいます!

ポイントはCtrlキー。移動が完了するまで押しっぱなしにしましょう。

 

AviUtlの他の使い方や動画アイデアについては、まとめページをどうぞ。